運転免許用語集

な 行

内輪差(ないりんさ)

走行中の車をカーブさせたとき、前輪と後輪が異なる軌道を描くことになります。この二つの車輪の差のことを「内輪差」といいます。後輪は前輪と比較して内側の軌道を描くことになるため、いわゆる「巻き込み事故」を起こさないために注意が必要です。
例えば、交差点の角に犬や猫がいたとして、前輪には触れない位置であると安心していても、後輪はさらに内側を通過するためそのままひいてしまう可能性があります。こうした巻き込み事故は交差点のようなカーブのある道路で起こりやすい交通事故の1つです。
内輪差は車体の長さによって異なり、車体が長いとそれだけ内輪差が大きくなるため、巻き込み事故を起こす可能性も高くなります。右折・左折どちらにも起こりうる事故なので、カーブ時は注意が必要となります。
内輪差の感覚を掴むには一定の経験を重ねることが重要で、教習所にて技能教習を受ける段階で何度も練習し、感覚を掴んでおくことが大切です。合宿免許は短期間での習得になるので、機会を逃さず、繰り返し指導を受けておくことが重要です。
車を運転をする上では車の近くに人や犬・猫などがいないかを把握するための注意力が求められるため、運転の際には常に心掛ける必要があります。

日常点検(にちじょうてんけん)

乗り手が自分で日常的に行うべき点検のこと。