運転免許用語集

は 行

ハイドロプレーニング現象(はいどろぷれーにんぐげんしょう)

水に濡れた地面を走行する際、スピードを出すことでタイヤが地面から少しだけ離れ、ハンドルやブレーキ操作が不能のまま滑りだしてしまう現象を指します。大雨の日や台風の日はハイドロプレーニング現象が起きやすく、交通事故の確率が高くなります。
現象が発生する原因として挙げられるのは、「タイヤのすり減り」です。日々の使用で摩擦が起こり、タイヤの表面が劣化してすり減ってしまうことにより、この現象が起こりやすくなります。タイヤの凸凹がなくなる前に、定期的にタイヤ交換をしておく必要があります。
効果的な対策法は、タイヤの空気圧を高めにしておくことです。空気圧が低いほど、地面に溜まった水の圧に耐ることができずに滑走しやすくなってしまうので、スピードを上げる必要がある高速道路などを走行する際は、あらかじめ空気圧を高めておきましょう。
特にカーブがある道路は要注意です。曲がりくねった道やカーブのある高速道路を走行中は、この現象が起こりやすいのでドライバーは細心の注意を払って運転する必要があります。ハイドロプレーニング現象は、運転をするうえで常に注意しておくべき現象です。教習所や合宿免許でも指導が行われるので、しっかり覚えておくことが大切です。

排気ブレーキ(はいきぶれーき)

排気バルブを閉じることでエンジンからの排気を止め、エンジンの動きを封じ、エンジンブレーキよりかなり強い制動力を得るもの。