中型免許(ちゅうがためんきょ) | 自動車学校・教習所合宿で激安免許を|合宿免許予約サービス

  • HOME
  • 合宿免許とは
  • サービスの流れ
  • 全国試験場一覧
  • お支払い方法
  • 入校資格
  • よくある質問
  1. TOP
  2. >中型免許(ちゅうがためんきょ)

中型免許(ちゅうがためんきょ)

  • 消防車や救急車、宅配便用自動車などを運転する際に必須となる免許で、2007年の道路交通法により新たに生まれた区分です。以前は普通免許と大型免許という区分しかなく、普通免許取得者による中型車での交通事故が多発したため、中型免許が追加されました。 改正前に普通免許を取得していれば免許更新により種類が普通から中型へと自動変更され、中型車を使用し続けることが可能です。なお、こうした制度は改正後に普通免許を取得した人には適用されず、改正後は中型車を運転するなら中型免許を新たに取得する必要があります。 取得するためには運転免許試験場で試験を受けて合格する必要がありますが、試験に通過するのが不安な人や、確実に技能を身につけておきたいと考える人は教習所に通うのが一般的です。また、合宿免許で集中的に教習を受け、実力をつけてから卒業検定に臨むことも可能です。 運転初心者の場合は取得が不可で、先に普通免許を取得し、2年以上の経験を積む必要があります。満20歳に達していることも条件の一つであり、仮免許を申請する時点で満20歳になっていれば19歳のうちに教習所に入ることも可能です。 検定合格後は、運転免許試験場にて適応検査を受けることで中型免許証が交付されます。