免許取得の小技

現地調達してシェアリング

合宿免許では、短くても2週間程度、宿泊施設に滞在します。2週間分の着替えを持って行くのは大変なので、合宿中は数着の服を洗濯しながら着回すことになるでしょう。宿泊施設に洗濯機やコインランドリーが設置してあるかどうかは、パンフレットやサイトでチェックすることができます。ただし、洗剤や柔軟剤まで備えてあるとは限りません。愛用している洗剤や柔軟剤を自宅から持って行くのもいいですが、荷物が増えてしまいます。
そういった場合、洗剤や柔軟剤は現地調達するという方法がオススメです。合宿先では、自由時間に地元のスーパーやドラッグストア、コンビニなどに買い物に行くことができます。そのため、合宿免許での最初の空き時間は、滞在する地域の散策も兼ねて、洗剤類を買い出しに行ってみましょう。そのときは、ぜひ合宿先で知り合ったメンバーを誘って行くことをオススメします。洗剤類を一緒に買ってシェアすれば、費用を節約することができます。1つの洗剤や柔軟剤を大人数でシェアして使い切れば、余って無駄になることもないので、エコにもつながります。また、洗剤のシェアがきっかけで、友達が増えるかもしれません。そのため、節約やエコだけでなくコミュニケーションの手段としても、シェアはとても大切なのです。

シーズンで料金が違う

合宿免許は、シーズンによって料金が違います。
教習内容や宿の種類などは同じなのに、なぜ料金が違うのか疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?合宿免許の費用は高いので、少しでも費用を安く抑えたいとお考えの方は、合宿免許の料金についてしっかり確認しておきましょう。
旅行代理店が企画する、パックの旅行をイメージしていただけるとわかりやすいのですが、ホテルの予約や飛行機の予約が重なる時期は、料金が高く設定されています。逆に、予約が少ない時期は料金が安く設定されます。それと同じように、合宿免許にも予約が集中するときとそうでないときがあり、人が集まる時期には高い料金、人が少ない時期には低い料金で設定されているのです。そのため、シーズンによって料金の差異が生まれています。
特に学生の予約が多くなる夏休みや春休みの時期は、料金が高くなりやすいです。基本的に閑散期は安い費用で教習を受けることができるので、少しでも費用を安く抑えたい方は人が集まりにくい閑散期を狙って予約するとよいでしょう。また、合宿所によっては期間限定で早割のキャンペーンを行っている所もあるので、免許の取得は合宿でとお考えの方は、教習所のホームページや本サイトを逐一確認して、少しでも安く合宿免許の費用を抑えられるようにしましょう。

自分に合った教習所選び

合宿免許は、たくさんのメリットがある免許の取得方法です。教習所に通って免許を取得するのに比べて、「費用を安く抑えることができる」「短い期間で免許を取得できる」「旅行気分で楽しく免許を取得できる」などのメリットがあります。
しかし、合宿免許は2週間程度の期間合宿所で寝泊まりしながら教習を行うので、自分に合わない場所を選んでしまうと、長期間に渡って我慢しなければなりません。そのため、通う場合と比べてもより自分に合った教習所を選ぶべきだといえます。
自分に合った教習所を選ぶには、まずは自分の希望をはっきりさせる必要があります。
「教習プランの安さ」「宿の豪華さ」「グループで参加できる」「周辺に有名な観光地がある」など、長い時間滞在する場所に求めるものは様々です。
合宿免許予約サービスでは、日本全国の教習所を紹介しています。サイト内ではそれぞれの教習所の魅力やアピールポイントを項目ごとに分けて紹介しているため、自分のプランと照らし合わせながら教習所を選ぶことが可能です。サイト内には教習所や宿舎の特色のほかに、教習所周辺地域の特徴や観光地の紹介、娯楽施設の有無などの情報も記載されています。
これらの情報を有効活用して、自分に合った教習所選びを心がけましょう。

一時帰宅の活用

合宿免許は、安い費用・短い時間で運転免許を取得できる教習プランとして人気があります。しかし、2週間程度の間、合宿所で生活を送りながら教習を行うので、どうしても長期の休みをとらなければいけません。合宿免許を検討中の人の中には、合宿期間内の1日だけどうしても抜けられない用事があるという人もいるのではないでしょうか。
そんな人に向けてオススメなのが、「一時帰宅可能」な教習所です。予約の時点で、希望の日程を伝えていれば一時帰宅が可能です。
特に3月など、学生が春休みに入る時期は長期の休みとなるため、たくさんの学生が合宿免許に参加します。しかし、3月は学校の卒業式の時期でもあるため、その日だけどうしても空けることができず、合宿免許に参加できないという人も多いでしょう。しかし、そのような場合でも一時帰宅プランを使えば、どうしても抜けられない用事の日は一時帰宅して、そのほかの日は合宿に参加することができるのです。
この場合、教習所と自宅との距離が遠すぎると、一時帰宅の行き来が大変です。そのため、一時帰宅プランを使う場合は、なるべく自分の自宅から近い教習所を選ぶとよいでしょう。また、すべての教習所で一時帰宅を利用できるわけではないので、利用を検討中の方は教習所のプランをよく確認しておきましょう。

相部屋プランで費用削減

車の運転免許を取得するには、30万円程度の費用が必要になります。費用を安く抑えることができる合宿免許の場合は、一般的に20万円から25万円が必要だとされています。
20万円から30万円という費用は、学生にとってはかなりの大金で、バイトをしていても簡単に貯まる金額ではありません。そのため、少しでも運転免許を取得する費用を抑えたいというのが学生の本音ではないでしょうか。
春休みや夏休みなどの長期の休みがある学生は、少しでも免許取得の費用を抑えるために、合宿免許を利用する場合が多いのですが、合宿免許の中でもプランによって必要な費用は様々です。たとえば「宿舎は温泉付きで部屋のタイプはシングル」などのプランを選択すると、合宿免許でも費用はどんどんと高くなってしまいます。合宿免許は宿舎のタイプによって費用が異なるので、少しでも安く合宿免許の費用を抑えるには、相部屋プランが最適です。相部屋プランは、友達や他の合宿参加者と同じ部屋で生活するプランで、ダブルやトリプル、もっと多くなると大部屋で5人~6人が共同生活をする場合もあります。1つの部屋をシェアして使うので、費用が安く設定されており、シングルのプランよりも格安で合宿免許に参加することができます。また、他の参加者と知り合う機会にもなるので、友達作りにも最適です。

ガイドブックで情報収集

合宿免許は格安・短時間で免許を取得することができるため、長期間の休みがある学生などに人気があります。
教習期間内はほとんど毎日朝から夕方にかけて教習が行われますが、中には半日で教習が終わる日や休日もあります。毎日朝から夕方まで教習を行うので、疲れがたまりやすく、空いた時間を休息やリラックスに使うことで、快適に教習期間を過ごして、免許を取得することができます。
しかし、教習所や合宿所の周辺情報を知っていないと、休日や空いた時間に何をしていいのかわからないという事態になってしまう可能性があります。そのため、合宿免許の予約を行う前には、しっかりと教習所や合宿所の周辺情報を確認しておきましょう。合宿免許が行われる場所は避暑地のような場所が多く、周辺では豊かな自然や温泉を楽しむことができる場合が多いです。当サイトにも、教習所周辺の観光地やオススメスポットに関しての情報が記載されているので、確認してみてください。また、周辺地域のガイドブックを用意することも大切です。ガイドブックには周辺地域の観光地やレジャースポット、ご当地グルメなどの情報が細かく記載されています。そのため、入校前にガイドブックを一冊用意するだけで、さらに合宿免許の期間を快適に楽しく過ごすことができます。

割引・キャンペーンを有効活用

合宿免許の費用を少しでも安く抑えるには、教習所ごとに行っている割引やキャンペーンを有効活用することをオススメします。各校によって行っている割引やキャンペーンは異なっていますが、多くの教習所で行われているのが「早割」「学割」「グル割」です。
早割は、合宿入校日の数ヶ月前までに予約を行うと、料金が割引になるというものです。割引の対象となる期間は教習所によって異なっているので、前もって確認しておきましょう。学割は学生のみの特典で、申し込み時に学生証を提示すると料金が割引になります。学生証を提示するだけでいいので、手軽に割引の恩恵を受けることができます。グル割はグループ割引のことで、2名以上で同時入校の場合に適用されます。合宿免許に参加する場合は、1人ではなく複数人で申し込むことによって、割引金額で申し込みが可能です。
また、このような割引の他に、教習所によっては期間限定のキャンペーンを行っており、さらにお得な料金で合宿免許に参加することができます。割引ではなくキャンペーンの場合、教習所が指定した期間に入校した場合に適用されるものが多いです。もし時間に余裕があれば、積極的にキャンペーン期間を狙うこともできます。このサイトでも割引やキャンペーンを行っている教習所を取り上げているので、合宿免許を検討中の場合は随時サイトを確認してみてください。

息抜きも必要

合宿免許は約2週間、集中的に教習を行って、最短ルートで運転免許を手に入れることができる教習プランです。安く、短期間で免許を取得することができるため、長期の休みを確保できる方によく利用されています。
合宿期間中は、毎日教習が行われるわけではなく、休日や半休の日もあります。最短ルートで免許を取得することができるとはいえ、2週間は決して短い時間ではありません。教習が終盤に差し掛かってくると、集中力が必要な筆記テストや実技テストが待っているので、疲れがたまり過ぎないようにすることが重要です。もしテストに合格することができなかったら、合宿を延長して再テストということになってしまいます。そのため、空いた時間を有効に使って、体を休めたり、息抜きをする必要があります。息抜きには様々な方法が考えられますが、友達と一緒に参加して、空いた時間を楽しく過ごせるようにするというのもひとつの方法です。休日には、一緒に周辺の観光地を周って楽しんだり、地域のグルメを食べたり楽しく過ごすことができます。また、温泉付きの宿にするなど、自分がゆっくりと体を休めて、リラックスすることができる宿舎を選ぶことも重要です。

料金は内訳に注目

合宿免許に必要な費用は、大体20万円から25万円程度とされています。
とはいえ、合宿免許の予約を行うときには、料金の内訳をしっかりと確認しておきましょう。なぜなら、合宿免許の料金はパックの金額で提示されていることが多いですが、そのパックの中にどこまでの費用が含まれているのかは各プランによっても異なるからです。パック料金に合宿で必要な費用が全て含まれていれば問題ありませんが、前もって準備していた金額では足りないということも起こりえます。このような事態にならないために、前もってパック料金の内訳をしっかりと確認しておきましょう。
パック料金の多くは、教習料金、宿泊費、食費、交通費、保障サービスなどが含まれています。しかし、前述の通りどこまでがパック料金に含まれているかはプランによっても異なりますし、これ以外に必要な費用もあるかもしれません。内訳をしっかりと確認しておかないと、合計金額の差異が生まれてしまう可能性がありますので注意が必要です。
最近では、食費抜きの自炊プランや教習所までの交通費支給プランもあり、パックの内訳は様々です。申し込みを行うときには、パック料金のみを参考にするのではなく、内訳を確認した上で必要な費用を準備するようにしましょう。

食事付きプランを選ぼう

食事は元気の源です。美味しくて栄養のあるものを食べると、体も心も元気になれますよね。自動車教習所での毎日は、頭も体も使うので、結構カロリーを消費します。1日3食しっかり食べて、エネルギーを蓄えましょう。
合宿免許では、食事付きのプランか、食事なしのプランを選ぶことができます。ですが、せっかく合宿免許に参加するなら、食事付きプランが絶対オススメです。プラン料金の中に宿泊費や食費まで含まれているので、とてもお得に自動車免許を取得することができます。また、自動車教習所は、教習生の満足度向上を目指して、食事の質にこだわっていることが多いのです。味も栄養バランスも良く、バラエティ豊かな食事を楽しむことができるでしょう。
食事のメニューは、地域の伝統料理や名物が盛り込まれていたり、バイキング形式で好きなものを好きなだけ食べられたりと様々です。食事が充実したプランを選べば、観光旅行に来たような気分を味わうことができるでしょう。また、教習所や宿泊施設のメンバーと一緒に食事ができるのも、食事付きプランの大きな魅力です。一緒に美味しいものを食べれば、自然と会話も弾みますよね。文字通り「同じ釜の飯を食った仲間」を得ることができるでしょう。