合宿免許の持ち物

合宿免許に必要な持ち物リストです。印刷して、荷造りのチェックシートとしてお使いください。

必要書類(必須)

所持免許の有無等により必要書類が異なりますのでご注意下さい。

所持免許なしの方 本籍地記載の住民票(3ヶ月以内に交付されたもの)  
本人確認書類 下記のいずれかの原本(コピー不可)をご用意下さい。
1.健康保険の被保険者証 2.旅券(パスポート)
3.住民基本台帳カード(市役所等で発行出来ますが、写真付で発行まで数日掛かることがあります。)
 
所持免許ありの方 運転免許証(IC免許証の場合は本籍地記載の住民票も必要となります)  
所持免許なしの方 在留カード(旧名称:外国人登録証明書)  
住民票(国籍記載のもの・旧:登録原票記載事項証明書)  
本人確認書類 下記のいずれかの原本(コピー不可)をご用意下さい。
1.健康保険の被保険者証 2.旅券(パスポート)
3.住民基本台帳カード(市役所等で発行出来ますが、写真付で発行まで数日掛かることがあります。)
 
全員共通 諸経費(教本代・写真代・原付教習代等)  
印鑑(シャチハタ・ゴム印は不可)  
筆記用具  

合宿免許に必要な持ち物は様々ですが、特に必要書類に関しては忘れてしまうと手続きが行えないなど、教習に遅れが発生してしまうので注意が必要です。合宿免許に必要な持ち物の中でも、必要書類は絶対に忘れないように入校前にチェックしましょう。また、必要書類は所持免許の有無によっても微妙に異なるので、しっかりと確認してください。
所持免許がない場合、まずは本人確認書類を用意してください。本人確認書類として使えるのは、3カ月以内に発行された本籍地記載の住民票、健康保険の被保険者証、旅券(パスポート)、住民基本台帳カードなどです。住民基本台帳カードを市役所で申請する場合は、発行までに数日かかることがあるので、入校日までに準備できるように早めに申請しておきましょう。
所持免許がある場合は、運転免許証をお持ちください。IT免許証をご利用の場合は本籍地記載の住民票が必要になるので、別途用意しておいてください。また外国人の場合は、在留カードや国籍記載の住民票が必要です。
すべての方に共通して必要なのが、シャチハタ・ゴム印以外の印鑑と筆記用具です。教本代・写真代・原付き教習代などの諸経費も必要なので、忘れずに用意しましょう。

身の回り品(必須)

技能教習を受講するうえで最低限必要になるものです。

四輪車で入校する方 運転しやすい服装(スカート不可・付け爪等は外して頂く事があります)  
運動靴等の運転しやすい靴(サンダル・ゲタ・ハイヒール不可)  
所持免許ありの方 ヘルメット(一部貸出しあり)  
グローブ(なければ滑り止め付きの軍手)  
長袖・長ズボン(細身のもの)  
足首より上まである靴下(スニーカーソックス不可)  
かかとの出ている靴  
雨具(カッパ等)※雨天時使用(一部貸出しあり)  

合宿免許に参加するときは、服の乾き具合や乾燥機の有無にもよりますが、だいたい3~4日分の着替えを持って行く人が多いようです。荷物が多いと大変なので、服のチョイスは慎重に。あくまで自動車の教習を受けに行くのだということを忘れず、動きやすく、運転の邪魔にならない服を選ぶことが大切です。特に、女性はチューブトップやミニスカートといった、露出が気になる服装は避けましょう。なお、教習所によっては、スカートでの運転教習を禁止している場合もあります。
着替えを選ぶときは、現地の気候を考慮することも忘れてはいけません。遠方の教習所の合宿に参加すると、暑さ寒さが地元とは全く違う場合があるからです。現地の気温に合わせて、調節しやすい服を持っていきましょう。また、冷房が効きすぎている場合に備えて、夏でも羽織モノを一枚持って行くと安心です。
服だけでなく、靴も考慮する必要があります。サンダル、ミュール、厚底、ハイヒールなどで運転教習を受けることはできません。脱げにくく、靴底の厚みが適当なスニーカーなどを持って行きましょう。なお、二輪車の教習を受ける人は、ステップの上に足を乗せたときに安定しやすい靴を選ぶことが大切です。
宿泊施設では、どんな服装でも問題ありません。ジャージや部屋着を着て、リラックスして過ごせます。また、サンダルがあれば、ちょっとジュースを買いに行きたいときなどに便利です。

 

身の回り品

合宿生活を送るうえで最低限必要になるものです。すべてを持参する必要はなく、現地で購入することも可能です。

鉛筆・消しゴム(仮免学科試験はマークシート方式です)   メガネ・コンタクトレンズ(必要な方)  
ケータイ充電器   その他充電器  
コンタクトレンズ用品   着替え  
洗濯セット(洗剤・洗濯ばさみ・洗濯ネット等)   歯磨きセット  
ヘアブラシ   ドライヤー  
ひげそりセット   ハンカチ&ティッシュ  
バスタオル   シャンプー・リンス  
石鹸など   ナイロンタオル  
化粧品・メイク落とし   ウェットティッシュ  
衣類   下着  
折り畳み傘   目覚まし時計  
キャッシュカード   洗濯ネット  
ハンガー   マイバッグ  
常備薬   健康保険証のコピー(万が一に備えて)  

あると便利

耳かき棒   物干しロープ  
麺棒   油性ペン  
ばんそうこう   蛍光ペン  
マスク   ふせん  
爪切り   紅茶・コーヒー  
ジャージ   ヘアゴム・ヘアバンド  
二股(三股)コンセント    
延長コード   シップ・消炎鎮痛剤  
虫よけ・カイロ   耳栓・アイマスク  
スリッパ   ジップロック  

ひまつぶしにあると便利

音楽プレイヤー   ノートパソコン  
デジカメ   観光ガイドブック  
ゲーム機など   文庫本・雑誌  
トランプなど      

印刷する

◯身だしなみ関連品

メイク用品、歯ブラシ、ヘアケア用品、石鹸やシャンプーなど、身だしなみを整えるアイテムには、人それぞれのこだわりがあります。現地のスーパーやコンビニで調達することもできますが、愛用の品が見つかるとは限りません。どうしても譲れないものは、自宅から持って行くことをオススメします。ここで、合宿免許に持って行くと便利な身だしなみ関連品をピックアップしてみましょう。
【スキンケア用品】 お肌に直接付けるものですから、使い慣れているものを持って行くと安心です。なお、自動車の中では、冷房や暖房の風が当たってお肌が乾燥しやすくなります。保湿効果の高いスキンケア用品で、しっかりケアしましょう。
【日焼け止め】 車の運転中は、鏡越しに日光を浴び続けるので、想像以上に日焼けします。白いお肌を保ちたい人は、紫外線対策を入念に行いましょう。夏場には、腕にはめる日焼け防止カバーがあると便利です。
【ドライヤー】 お風呂上がりに髪を乾かしたい人は、宿泊施設の設備にドライヤーがあるかどうか、出発前に確認しておきましょう。なお、宿泊施設に備え付けのドライヤーを使う場合は、長時間占領せず、周りの人と譲り合わなければなりません。じっくり時間をかけてヘアセットしたいなら、ドライヤーやヘアアイロンを持参することをオススメします。

◯身の回り品

合宿免許の場合、約2週間にわたって宿舎で生活するので、普段から使っている身の回り品を用意しておく必要があります。自宅のように生活に必要な備品が宿舎に全て揃っているわけではないので、何が必要なのかを前もって確認しておくといいでしょう。
まず、行動時に必要な身の回り品としては、急な雨でも対応できる折り畳み傘やレインコートなどがあげられます。2週間という期間の中では、雨が降らないとは言い切れません。教習所と宿泊先の移動時や散策時など、雨で濡れないように鞄に入れておくと便利です。
小さな水筒も、荷物になるように感じるかもしれませんが、持っていくととても便利です。宿舎でお茶を沸かせばその分節約になりますし、飲み物の温度を保つことができるのも見逃せないメリットです。
また、簡単な手帳やメモ用紙、ボールペンなども用意しておくと、授業中にノートを付けることができます。
後は、これらの身のまわり品が入る大きさのポシェットやデイパックを用意して、移動時や行動時に持ち歩くことができるようにしておきましょう。身の回り品は絶対になくてはならないものではありませんが、あると合宿期間をより快適に過ごすことができます。

◯エチケット用品

合宿免許には様々な持ち物が必要ですが、ティッシュやハンカチ、絆創膏などのエチケット用品も持参していくとよいでしょう。宿舎にも多少はエチケット用品が用意されている可能性がありますが、それが2週間という長期の滞在期間中もつかどうかは不透明です。特に、絆創膏などは宿舎に用意されていない可能性があるので、持っていくとよいでしょう。 絆創膏など必要ないという人もいるかもしれませんが、海から近い教習所の場合、休みの日を利用して海水浴を楽しむということもあると思います。海辺は貝殻やガラスなどでケガをするリスクが高く、擦り傷や切り傷を作ってしまう可能性が高いです。 また最近では、自炊の合宿免許プランも好評で多くの人に利用されています。自炊プランの場合、食事を作る際に包丁で指を切ってしまうということも考えられます。このような場合、血を止めるため、または雑菌の侵入を防ぐために絆創膏が必要です。入校前にはしっかりと準備しておくとよいでしょう。 また、合宿免許は日常生活から大きく環境が変わるので、体調を崩してしまうこともあります。周りの人に風邪をうつさないように、マスクなども用意しておくといいでしょう。

◯視力矯正用具

自動車教習所に入校すると、何よりもまず、視力検査が行われます。規定の視力要件を満たしていなければ、教習を受けることができなくなってしまいます。眼鏡やコンタクトレンズで矯正した視力が要件を満たしていればOKなので、矯正が必要な人は、忘れず持って行きましょう。ちなみに、普通自動車の一種免許を取得するためには、両目で0.7以上、かつ片目で0.3以上の視力が必要です。長い間視力検査をしていない人や、眼鏡を買ってからずいぶん経つという人は、合宿前に今の自分の正確な視力を測っておきましょう。矯正が必要なら、合宿初日までに視力矯正用具を整えなければなりません。
使い捨てタイプのコンタクトレンズを使っている人は、少し多めに持って行くことをオススメします。コンタクトのケア用品なら、現地のスーパーやコンビニでも買えますが、レンズはいつでもどこでも買えるわけではありません。レンズを多めに用意しておけば、誤ってレンズを失くしたり破ったりしても、慌てず対応することができます。
なお、コンタクトレンズを使っている人はもちろん、眼鏡の人や裸眼の人でも、目薬を用意しておくことをオススメします。運転中はエアコンの風が目に当たって乾燥しがちです。こまめに目薬を差して、瞳に潤いを補給しましょう。

◯医薬品関係

合宿免許は約2週間という期間にわたって行われるので、期間中には体調不良や風邪を引いてしまうということも十分考えられます。出来るだけ風邪などを引かないように注意することが大切ですが、日常生活からの大幅な環境の変化で、体調を崩してしまう方も多いようです。急な体調不良に対応できるように、常備薬などの医薬品を準備しておきましょう。頭痛や腹痛、のどの痛み、鼻水、発熱に対応可能な薬をひと通り用意しておけば、2週間の合宿期間中で体調不良を起こしても、被害は最小限に抑えられると思います。
また、学生などが合宿免許を利用することが多い春は、花粉症の時期です。地方の合宿所周辺には特に山が多く、スギやヒノキなどが群生している場合もあります。普段から花粉症や鼻炎のある方は、鼻炎用の常備薬や点鼻薬、目薬などを用意するとよいでしょう。花粉症や鼻炎で鼻や目がやられてしまうと、教習中の集中力にも悪影響を与えます。花粉症や鼻炎が教習やテストに影響しないように、春の合宿免許に参加する方は鼻炎対策、花粉対策をしていきましょう。
その他、連日の教習の疲れを取るための栄養剤などがあれば十分です。毎日元気に教習を受けることができるように、医薬品関係の持ち物を用意しておきましょう。

◯暇を潰せるもの

合宿先へ向かう道中や、合宿先での自由時間には、ひとりで退屈することもあります。そんなときは、暇潰しアイテムがあると便利です。最近では、スマートフォンや携帯電話でゲームや動画、ニュースを閲覧する人も多いと思いますが、携帯だけに頼っていると充電切れが気になります。携帯やスマートフォン以外にも、予備として音楽プレーヤー、ポータブルゲーム機、本、漫画なども用意しておくと良いでしょう。最近では、タブレット端末を使って読書や映画観賞をする方が増えています。もしタブレット端末を持っていれば、スマートフォンや携帯とは別に用意しておくととても便利です。携帯の充電を気にせずに映画鑑賞や音楽観賞、読書などが出来ますし、1台で自分の趣味に合わせた暇つぶしが可能です。
ですが、教習所や宿泊施設に到着したら、いつまでも暇潰しグッズに没頭しているのはもったいないです。せっかく合宿免許に参加したのですから、現地の散策に出かけたり、周りの教習生と交流を深めたりして自由時間を楽しみましょう。なお、他の教習生と遊べるように、みんなでできる暇潰しグッズを持って行くのもオススメです。トランプやウノがあれば、宿泊施設で同室のメンバーと盛り上がることができるでしょう。

◯電子機器関連

日常生活の必需品として、電子機器関連の製品があります。スマートフォンを中心に、最近では日常的にノートパソコンやタブレット端末を持ち歩いている人もいます。これらの電子機器関連の製品は、親や友達と連絡をとったり、ゲームや音楽で暇をつぶしたり、写真を撮ったりとマルチな力を持っています。だからこそ、約2週間の合宿期間中にも必要不可欠な製品といえます。スマートフォンなどの電子機器は、電源から充電して利用するため、充電器やコードも忘れてはならない電子関連機器です。
また、合宿免許の期間中は朝から夕方かけて教習しており、その間は宿舎に帰る時間がありません。そのため、途中で充電がなくなってしまうことも考えられます。そんなときに大活躍するのが、携帯用の充電器です。携帯用の充電器には、乾電池を使って充電できるものから、あらかじめ充電しておいて使うものなど様々な種類があります。どのような種類のものでもいいので、携帯用の充電器を1つ持っていると、急な電池不足でも充分対応することができます。
また、グループで部屋をシェアする方は、タコ足などを持っていくと備え付けの電源が少なくても対応可能なので、とても便利です。

◯観光関連

合宿免許に参加する人は「格安・最短時間で免許を取得する」という目的を持っていますが、「旅行気分で合宿を楽しむ」という目的を持って参加している人もたくさんいます。特に、夏休みや春休みの時期には学生のグループが参加することも多く、そのような場合は周辺の観光地で温泉やレジャーを楽しむ人も増えるでしょう。また、最近ではカップルで参加する人も増えており、カップル向けのパックやコースが用意されています。
このように、合宿免許は単純に免許の取得を目的とするだけでなく、観光や旅行気分で楽しむこともできます。そのため、教習所や宿舎周辺の観光情報やレジャー情報、ご当地グルメ情報が、合宿免許をより楽しむためにとても大切です。入校前に周辺地域のガイドブックや雑誌など、詳細なレジャー・観光情報が記載されているものを用意しておくと、教習以外の限られた時間を存分に楽しむことができます。
また、カメラなどを持参すると、思い出を形に残すことができるので、より旅行気分を高めて楽しむことができます。カメラやガイドブックなどの観光関連の持ち物は、合宿を楽しむためになくてはならないものです。カップルやグループで参加される方は、特に準備しておくとよいでしょう。