合宿と通学の違い

合宿と通学の違いについて

自動車やバイクなどの免許を習得する際、合宿免許と通学免許の2つの選択肢があります。
どちらの教習所でも学習内容が異なるわけではありませんので、どちらを選ぶかは自由です。
しかし、料金や免許を取得するまでに必要な期間などは、大きな差異があります。
より効率的に免許を取得したいのであれば、合宿免許と通学免許の違いについて把握してから選ぶようにしましょう。
そうすることで、より多くのメリットを得ることができます。

比較
内容
合 宿 通 学
期間 2週間から3週間程度の間、免許取得のために合宿を行うのが合宿免許です。
遠方での合宿を行うため、一定期間の休みが必要にはなりますが、その間は学習に専念することができ、スピーディーに免許を習得できます。
自宅から教習所まで通学し、免許取得のための学習をするのが通学免許です。
春休みや夏休みなどは、学生が多く、予約が中々取れないこともあります。
その場合は、キャンセル待ちをしても免許を習得するまでに2、3ヶ月かかる場合もあります。
早めに免許を習得したいのであれば、比較的人の少ない時期を狙いましょう。
価格 通学免許と比較して料金が低めに設定されており、利用しやすいのも魅力的です。
授業/
予約
学科や技能は全てカリキュラムに組み込まれており、予約の必要はありません。

レジャー施設が多い教習所は人気が高くなっており、早めに申し込みをしなければ予約を取れないほどです。

授業は、運転に必要な知識を習得するための「学科」と、実際に自動車を運転する「技能」に分かれています。

学科は教習所ごとに時間割が決められており、その時間通りに教習所に行けば受講することができます。
予約は必要ありませんが、人数制限を設けている場合もあります。
技能に関しては、予約が必要です。
初めての場合は、ドライビングシミュレーターを利用し、運転に必要な基礎技術を身に付けます。
実際に自動車を運転するのは、2時間目からです。

環境 入校日が同じ人とは、同一のカリキュラムで行動する機会も多いため、親しくなりやすいです。
空いた時間に観光を楽しんだり、他の利用者と親睦を深めたりすることもでき、様々な楽しみ方があります。

合宿免許の教習所は全国各地に散在しており、様々な地域から利用者が集います。
宿泊施設は、ビジネスホテルや教習所が所有する寮です。希望やプランによって、一人部屋を選択することもできます。

自習室を用意している教習所もあり、空き時間で勉強ができる環境も整っています。

それぞれのメリット

免許を取った後のことだけでなく、免許を取る方法についても考えておくことが大切です。
前項では、通学免許と合宿免許の違いについて触れましたが、具体的にはどのようなメリットがあり、どちらを選んだ方がよいのでしょうか。
ここでは、通学と合宿のより具体的なメリットを挙げていきます。それを参考に、自分に向いていると思う方を選んで効率的に免許の取得を目指しましょう。

合 宿 通 学

合宿免許の大きなメリットは3つあります。

1つ目は、料金が安く費用の負担が軽い点です。
合宿免許の教習所のほとんどは、食費から宿泊費、教習費などの全ての料金を提示しています。
プランによっては保障なども用意しており、技能教習が再度必要となった場合も追加料金はかかりません。

2つ目が、短期で免許が取得できる点です。
まとまった休みは必要になりますが、免許が早期に必要といった場合に有用です。
アルバイトや学業の空いた時間を探す必要なく、短期で集中して学習できるため、効率が良い方法だともいえます。
通学のように教習と教習の間に時間が空き、学習したことを忘れるなどといった心配もありません。

そして3つ目が、見知らぬ土地を思う存分満喫できる点です。
空いた時間は、地元では楽しめないレジャーやグルメなどを体験できます。
また、合宿免許の教習所には、同じ目的を持った人が集うので親しくなりやすく、新しい友人などが増えることもあります。
このようなメリットがあるため、合宿免許は人気があるのです。

何よりも大きなメリットは、自分のペースに合わせて教習を受けられるという点です。例えば、アルバイトを頑張りたい、学業に力を入れたいという場合、通学の方が適しています。
教習の期限は9ヶ月あり、その間に卒業すれば何も問題はありません。そのため、教習所にどのタイミングで行くかは自由です。
その日の気分や体調、スケジュールなどに合わせて教習を受けられるため、日常生活における負担は軽くなります。

また、教習所にある自習室を自由に利用できるのも大きなメリットです。自習を行うことにより、学科試験などへの不安は少なくなります。
こつこつと確実に免許取得を目指したいのであれば、通学を選びましょう。

また、通学の場合だと路上教習が行われる場所は、自分の見知った場所がほとんどです。
わざわざ道を覚える必要もなく、教官からの指示に対してもパニックを起こさず、冷静に対処できます。
合宿とは違い、教習所から帰宅するのも容易で、空いた時間もゆっくり過ごせます。