申込時期・教習所選びのアドバイス

免許合宿では2週間から3週間程度の間、自宅から離れた場所で免許取得のための学習を行うことになります。
その間は、カリキュラム通りに行動する必要があるため、よほどのことがない限り、一時帰宅はできません。短い期間ではありますが、見知らぬ土地で過ごすため、免許合宿の教習所を選ぶ際には下調べが大切となります。
教習所にしっかりとした設備が整っていれば、快適な合宿生活を過ごすことができ、学習の効率も良くなります。また、空いた時間を有効活用するためにも、教習所選びは重要な要素となります。
教習所を選ぶポイントは4つ、それぞれ、「料金」、「地域」、「周辺の施設」、「部屋のタイプ」です。
これを参考に合宿先を選ぶことで、免許の取得以外の面でもメリットがあるといえます。

料金

免許合宿は、通学するのに比べて安い料金で利用できます。
なお、さらに激安の料金で利用したいなら、繁忙期は避けましょう。
免許合宿を利用するのは、専門学生や大学生などがほとんどです。そのため、春休みや夏休み時期は、料金が少し高めに設定されています。
逆にいえば、この時期を避けることで激安で免許合宿を行えるということです。
通学して免許を取得する場合、一般的な料金は30万円程度ですが、閑散期の免許合宿の場合は20万円を切る激安料金が設定されている場合もあります。
免許を習得したあとにも、車を購入したりガソリン代が必要になったりすることを考えれば、出費は少ない方がよいでしょう。
なお、激安な料金だからといって学習内容が変わることがないので安心です。

地域

免許合宿には激安料金で利用できるメリットや、免許を短期間で取得できるメリット以外にも、プチ観光ができるという嬉しいメリットがあります。ほとんどの教習所では、自宅から教習所までの交通費も支給されるため、負担なく地域を選ぶことができます。どのような楽しみ方をしたいのか、目的に応じて地域を選ぶことも大切です。
講義の入っていない時間は自由行動ができるため、グルメやレジャーを楽しんだり、温泉でリラックスしたりするなど様々な楽しみ方があります。教習所ごとの地域情報はインターネットサイトで確認できるため、事前に情報を集めることが可能です。
グルメやレジャーが楽しめる人気の高い地域は、早めに申し込まなければ定員オーバーになる場合もあります。申し込みは早めにしておきましょう。

周辺の施設

合宿先では、生活に必要なものを自分で揃えておく必要があります。もちろん、事前に準備しておくに越したことはありませんが、消耗品などが足りなくなることもあります。
そういったときも、周辺にコンビニやスーパー、ドラッグストア、100円ショップなどがあれば安心です。
また、カラオケやゲームセンターなどのアミューズメント施設もあると便利です。
免許合宿は、見知らぬ人と生活をともにするため、新しい友人を作るチャンスでもあります。
他の利用者と親睦を深めるには、アミューズメント施設が非常に役立ちます。免許合宿を楽しみたいのなら、このような施設の有無についても確認しておきましょう。

部屋のタイプ

快適に免許合宿を行いたいならば、宿泊施設にも着目しましょう。
宿泊施設にも様々あり、教習所の近くのビジネスホテルを利用する場合もあれば、教習所が用意した寮を利用する場合もあります。
また、部屋にもシングルやツイン、相部屋などがあります。激安料金で使用したいなら、相部屋を選びましょう。
相部屋は免許合宿の中でも激安料金が設定されており、シングルに比べると2万円近く節約することができます。
なお、メリットは激安料金だけではありません。相部屋は他の利用者と寝食を一緒にするので、友人を作りやすくなります。
新しくできた友人と浮いたお金で観光を楽しんだり、遊びに行ったりできるのも大きなメリットです。