バック駐車がうまくなりたい

 

自動車学校に通っている人の中には、バック駐車が苦手だと感じる人も少なくないかもしれません。
バック駐車は、初心者にとっては非常に難易度の高い操作です。バック駐車をする機会は意外と多いので、自動車学校に通っているうちに、ぜひマスターしておきましょう。
スーパーマーケットや各種施設などの駐車場でも、バック駐車をしておけば車の発進がスムーズになります。
バック駐車をしていないと出発する際にバック操作が発生して、手間がかかります。このことから、出発をスムーズにするには駐車時にバックで停めておくことが望ましいといえます。
なお、自動車学校の学科試験に合格しても技能試験でバック駐車ができずに不合格となる人も少なくありません。

自動車学校ではスムーズなバック駐車ができるようにと、様々な指導を受けます。また、短期間で取得を目指す合宿免許でも要点やコツの指導を受けることができます。
バック駐車が上手になるための要点として大事なことは、一箇所だけに気持ちを持っていかないことです。
バックミラーで後方のみを意識するのではなく、バックミラーの確認をしながら、サイドミラーの確認も行い、停めるスペースを把握しながらバックすることが重要です。
運転歴が長くなると、ハンドルを切りながらバックを行えるようになります。しかし、最初のうちは、ハンドル操作とバック操作を別々で行う方が簡単で、駐車がスムーズになります。
車の左側のスペースにバック駐車する場合は、車を停めたままハンドルを左に切ります。そして、ハンドルをキープさせたままバックをしましょう。
車の後方が駐車スペースに入っていくので、徐々にハンドルを真っ直ぐの位置に戻します。そうすると、駐車スペースに綺麗に車が収まっていきます。
この感覚は経験していくとより明確に掴めるようになります。初めのうちは難しいので、自動車学校で教わったことを忘れず慎重に行いましょう。

バック駐車を綺麗にするためには、車の内側の後輪を意識するとよいでしょう。
後輪を駐車したいスペースの角に持ってくることができれば、あとはハンドルを切り返すだけなので、綺麗に駐車スペースに停車することができます。
こうした要点も自動車学校で教えていますので、教官の指導の下、きちんと感覚をつかめるようにしましょう。

自動車学校では、縦列に停車された車の間に自分の車を駐車する技能試験が行われます。
綺麗に駐車するためには、まずは自分の車を駐車スペースに対して斜めに停めておくとことが大切です。
その際、サイドミラーを少し下向けに調整しておくと間隔がつかみやすくなります。
自動車学校の車をはじめ、多くの車は電動で座ったままサイドミラーの調整ができるようになっているので、見えやすい位置まで負担なく調整することが可能です。

合宿免許では、バック駐車をはじめ車の運転に欠かせない多くの技能を身に付けることができます。
この点、合宿免許ではなく、一般的な自動車学校に通って免許取得するとなれば、長い期間を要します。少しでも短期間で取得するなら、合宿免許がおすすめです。
合宿免許では短期間で運転にまつわる様々なノウハウを習得できるので、教習の内容が頭に入りやすく、感覚もつかみやすいという特徴があります。
教習所で取得できたことは、後々の運転の自信にも繋がります。
合宿免許では、同じ目的を持つ仲間と助け合いながら成長できるので、1人で通学するよりも楽しく学び、取得することができます。
また、合宿免許なら学科の勉強をする際、分からない部分を仲間と共有し合えるので、1人で勉強するよりも知識が身につきやすいというメリットもあります。
効率良く免許の取得を考えているなら、合宿免許がおすすめです。
仲間とバック駐車のコツについても話し合うことができ、自分の問題を客観視できるようにもなります。