タイヤ選びも大事

 

タイヤには多くの種類があり、車種によって適したタイヤは異なります。普通自動車をはじめ、スポーツカー、RV車、トラック、バスなど、それぞれの車種に適したするタイヤが存在します。
的確なタイヤを装着しなければ、交通事故に繋がる恐れがあります。車種に合ったタイヤを設置することは、安心・安全なカーライフにとって欠かせません。
運転の安全性を指導する自動車学校や合宿免許でも、当然ながら車種に適したタイヤが装着されています。そのため、自動車学校や合宿免許では、安心して運転に集中できます。
免許取得後も安心して運転に臨むなら、運転する車に合うタイヤがどのようなものであるのかについて見極める必要があります。そこで、ここではタイヤ選びのポイントをご紹介します。

タイヤには、サイズをはじめ、「扁平率」や「ロードインデックス」、「製造年週」、「速度記号」の情報が印字されています。
タイヤの高さと幅を割り、その数値に100を掛けて出されたものを扁平率といい、低いほど薄いタイヤとなり、ハンドル操作が機敏になるという特徴があります。しかし、乗り心地は悪くなってしまうため、どちらを優先するかよく考えて選ぶ必要があります。
乗り心地を追求するためには、扁平率に注意することが重要です。よく分からない場合は、自動車学校や合宿免許のスタッフに質問してみるのもよいでしょう。

ロードインデックスとは、タイヤが支えることのできる「最大負荷能力」を示したものです。このロードインデックスの数値により、タイヤの中に含まれる空気圧が異なります。
車両とロードインデックスが不適合だった場合、タイヤの損傷につながるので注意が必要です。
万が一、ロードインデックスの数値が的確ではない場合は、インチアップによりタイヤの空気圧を増やすことができます。
インチアップをすればタイヤの性能が増し、運転しやすくなるので、カーブもスムーズに曲がれるようになります。車をカーブさせる際に起こる遠心力を上手に吸収することで、操作がスムーズに行えるようになるのです。

製造年週は、4桁の数字で表されていますが、2015年だった場合は単純に「2015」などと表記されているわけではありません。
2015年の場合は、「1215」と表記されています。始めの12は12週目を表しており、後の15が2015年を示しています。

速度記号は、そのタイヤで出せる最高速度を記したものです。「L」と表記されていれば最高速度120キロを指し、「Q」なら160キロ、「S」なら180キロという風に、アルファベットの表記により分類がされています。
交通の安全を実現するために、タイヤは非常に重要な役割を担っています。「扁平率」や「ロードインデックス」、「製造年週」、「速度記号」をしっかり確認し、最適なタイヤが装着されているかを確かめることが大切です。

車種に合ったタイヤを装着したあとは、定期的な点検も意識しておく必要があります。自動車学校や合宿免許でも学ぶように、安全運転を維持するためには常に車の点検が欠かせません。
なお、乗車前の点検時にタイヤのすり減りや異常を発見した際は、すぐさま新品のタイヤと交換することが重要です。磨り減りによって溝の無くなったタイヤは非常に危険で、特に雨の日は路面が塗れているのでスリップしやすくなるため注意が必要です。
自動車学校や合宿免許ではタイヤの細部に関してまではあまり伝えませんが、大きな事故を引き起こさないためにも、磨り減ったタイヤは非常に危険であると覚えておくことが大切です。
車種に合ったタイヤを見つけて、快適なカーライフを送りましょう。自動車学校や合宿免許では、タイヤ選びの際のアドバイスを求めることも重要です。