普通自動車の免許を取得する際には、3つの選択肢があります。それぞれ、「AT限定免許」,「MT免許」、「二種免許」です。AT限定免許とMT免許では、運転できる自動車の種類が異なるため注意が必要です。
なお、二種免許を取得しておくと職業の選択の幅が広がります。もっとも、多くの場合はAT限定免許のみでも問題ありません。
AT限定免許の取得後にMT免許や二種免許が必要となった場合は、後から取得することもできます。
自動車学校の免許合宿では、これら3つの免許の取得が目指せます。とはいえ、自動車学校の免許合宿先によっては、普通車の二種免許を取り扱っていない場合もあるので、事前に確認しておくことが重要です。
必要に応じて取得するべき免許を選び、効率良く免許の取得を目指すことが大切です。

AT限定免許

AT限定免許は、名前の通りAT(オートマチックトランスミッション)車を運転するために必要不可欠な免許です。
最近ではますます需要が増しており、自動車を純粋な移動手段として使用する人たちに多く選ばれる傾向にあります。自動車学校の免許合宿に訪れる人の多くも、AT限定免許の取得を目的としています。
日本で販売される自動車のほとんどがAT仕様となっており、最近では軽トラックなどでもAT車が販売されています。
これからは、さらにAT車が増えていくと考えられ、ほとんどの場合この免許があれば十分になるといわれています。
自動車学校ではMT車よりも技能教習の時間が短いため、短期間で免許の取得が可能です。また料金も2万円程度安いという点も特徴となっています。
免許合宿であれば、最短2週間で免許が取得できます。
免許を取得する際の教習は二段階制となっており、学科と技能に分かれています。技能の二段階目からは自動車学校の敷地外、つまり路上での教習が行われます。
二段階目の教習が全て終了し、学科と技能試験に受かって卒業すると、あとは免許試験場などで本試験を受けるのみとなります。
AT限定免許は人気ですがMT車の数もまだ多いため、通学の自動車学校や免許合宿で免許の取得を目指す際にはしっかり検討することが大切です。

MT免許

MT(マニュアルトランスミッション)車を運転するための免許です。この免許を取得していれば、AT車を運転することもできます。
運転には、ギアチェンジやクラッチの操作など様々な技術が必要とされます。AT車と比較すると、運転は難易度が高いといわれています。
以前と比べれば、この免許を取得する人は減少傾向にありますが、車を趣味にする人からは依然として高い人気があります。
長距離ドライブの機会が頻繁にある場合には、MT免許が適しています。
MT車は、ギアチェンジを行うことにより、その場適した運転が可能となります。
ただし、市街地などで渋滞が頻繁に起こるような場所には適していません。
MT免許は上記した通り、AT車も運転することができるため免許取得後の車選びの幅は広がります。
なお、輸入される外国産の車やスポーツカーなどはほとんどがMT車なので、このような自動車に乗りたい場合は、MT免許を取得する必要があります。
教習の流れに関しては、AT車と違いはありません。費用や時間はややかかりますが、MT免許が必要な求人などもあることから、仕事の面では有利に働きます。
MT免許を持っていても損をすることはないため、時間や費用に余裕がある場合には自動車学校や免許合宿などで取得しておくという選択肢もあります。

二種免許

二種免許は、取得によって運転できる自動車が異なる免許ではなく、特定の職業に従事するために必要となる免許です。
旅客を乗せて運転する場合に必要な免許であり、職業によっては欠かすことのできないものです。
AT限定とMTのどちらの二種免許もありますが、共通して高い操作技術や安全に対する配慮が必要です。
そのため、資格条件が設定されており、運転経歴が3年以上なければ取得することはできません。
免許試験場などで直接受験する方法もありますが、自動車学校や免許合宿を利用するのが一般的です。
なお、学科試験や技能試験の内容は、通常の免許の場合と大きく異なっています。
免許合宿の場合は、二種免許を取得するプランが用意されていない場合もあるので、事前確認しておくことが重要です。
二種免許の取得を目指す際には、自動車学校での教習だけでなく自分でも練習をしておくことが大切です。
一種免許は取得しているため、場所さえあれば自由に練習することが可能です。
早期に必要になる機会は少ない免許ですが、費用や手間がかかることを考えれば一度の試験で合格することが理想といえます。

一種免許のAT限定やMT免許は、営業車を運転する機会がある職場では必須です。そのため、就職の際には取得しておく必要があります。
二種免許に関しては、タクシーの運転手や運転代行の運転手となる場合に必須です。こういった会社では、免許取得に必要な費用を負担してくれる場合もあります。
また、自動車学校の教官になる場合にも二種免許が必要です。
以上のことから、二種免許を取得することで職業の幅が広がることがわかります。