保険について

自賠責保険への加入

自賠責保険への加入は、自動車やバイクを運転する人の義務です。加入せずにいれば、法的措置もあります。
そのため、合宿免許などの自動車学校では、自賠責保険に関することもしっかりと教習の中に組み込まれており、学ぶ機会があります。
しかし、任意保険については具体的に把握している人は、決して多くはありません。
任意保険にも様々種類があり、必要に応じたものだけを選べば保険料金の負担も軽減できます。
保険会社に勧められるままプランを選択するのではなく、取捨選択して必要なものだけに加入することが大切です。
なお、任意保険は自賠責保険とは異なり、対物事故や車の破損にまで適用され、さらに自賠責保険では賄えない金額の補償も対象となります。
そのため、加入するメリットは非常に大きく、今後のカーライフおよびバイクライフにも大きな影響を与えるといえます。
より安心して車やバイクの運転を楽しみたいのであれば、任意保険についてもしっかり考えることが大切です。

保険の加入

任意保険には、様々な種類があります。
ここでは、様々な任意保険の内、特に重要な保険についてご紹介します。
■対人賠償保険
交通事故によって歩行者などに怪我を負わせたり、死亡させてしまったりした場合に、自賠責保険では足りない分を補償します。
こうした事故の場合は損害賠償額が膨大な金額になることも多いため、自動車学校や自動車販売店などでも保険金に制限のないタイプが推奨されています。なお、この場合の補償は親族の事故には適用されないという点について把握しておくことが重要です。
■対物賠償保険
交通事故により、車やモノなどを損傷させてしまった場合、その賠償金額が保険金によって支払われることになります。この場合、適用される対象物は建物や公共物なども含まれます。
なお、物損によって休業などが必要な場合の補償も、この保険から支払われます。対物事故もモノによっては請求が高額になるため、加入しておいた方が無難だといえます。
■搭乗者傷害保険
保険に加入している自動車の同乗者(運転者を含む)が怪我をした場合や死亡した場合、保険金が支払われます。違法走行でなければ、基本的に過失の度合いは関係ありません。
対人事故で賠償責任があるとしても、保険金が支払われるようになっています。ただし、必ずしも全額が支払われるというわけではないので、合宿免許や自動車学校で習ったように安全運転を心がけることが大切です。
■自損事故保険
自損事故を起こして運転者が怪我や死亡に至った場合に、最低限の補償がなされます。相手がいない事故や全ての過失が運転者にある場合に適用されます。
対人賠償保険とセットになっていることが多いのですが、加入の際には確認することが重要です。なお、この保険は飲酒運転や無免許運転などの場合には適用されません。
■無担保車傷害保険
他の車との交通事故によって後遺症や死亡に至った際に相手の車が対人賠償保険に入っておらず、支払い能力がない場合に限って、保険金が支払われます。
なお、ひき逃げや当て逃げなど加害者が特定できない場合にも、この保険は適用されます。対人賠償保険に加入していない車は全体の1割を越えているため、加入しておくに越したことはありません。
■車両保険
偶然の事故により、自動車が損傷してしまった場合の修理代金を補償してくれる保険です。車のランクにより、保険料金や支払われる金額が異なります。
補償範囲はプランによっても変わるため、確認が必要です。
■人身傷害補償保険
自動車事故により、怪我や死亡に至った場合の補償をしてくれる保険です。この保険に加入している場合、加入者とその家族が歩行時などに交通事故に巻き込まれたとしても保険金が支払われます。
また、示談交渉とは関係なく、実損額が受け取れるという特徴もあります。最近になって、徐々に浸透しつつある保険です。

保険会社は、この7つの保険のいくつかをセットにしているプランなども用意しています。
合宿免許などの自動車学校で習ったことだけでなく、保険に関する知識も自動車を運転する人には必要です。
合宿免許などで免許を取得したら、保険についてもきちんと把握しておくことが大切です。

保険加入のメリット

自動車学校を卒業して免許を取得している人の約8割が、任意保険に加入しているといわれています。
多くの人が任意保険に加入している理由として考えられるのは、毎月支払うことになる保険料を上回るメリットが、任意保険への加入によって得られるためであるといえます。
では、任意保険に加入することにより、どのようなメリットが得られるのでしょうか。
ここでは、その具体的なメリットをご紹介します。合宿免許などの自動車学校で免許を取得した、もしくはこれから免許取得を考えている人は、是非ご参考ください。
■自分を守る
任意保険に加入することよって得られるメリットとして、まず挙げられるのが自分の損害を補うことができるという点です。
もしも、任意保険に加入することなく交通事故に巻き込まれた場合、自賠責保険で補償される額はあまり多くありません。
治療費などを支払ってもらえるかもわからないので、満足な治療が受けられない場合もあります。小規模な事故であればそこまで問題ないかもしれませんが、大規模な事故ともなれば大きな問題となります。
後遺症が残るような障害を負った場合、その後の治療費は膨大な額となります。そのため、万が一の場合の負担を補償できるように、保険に加入しておくのが重要となります。
なお、事故を起こした場合の賠償金なども補償の対象となります。
この点、自賠責保険にのみ加入している場合には、補償されるのは対人事故を起こした場合のみです。また、補償の限度額が定められており、必ずしも十分な額が補償されるとは限りません。
しかし、任意保険であれば対人、対物のどちらも補償があり、限度額も設定が可能です。特に対人の場合、限度額は無制限にしておけばいざというときにも安心です。
■家族を守る
任意保険に加入することは、家族を守ることにも繋がります。
合宿免許などの自動車学校での教習では、事故を起こした加害者の家族の体験談を教官から聞く機会もあります。任意保険に加入していない場合、このような話も他人事ではありません。
どれだけ安全運転を心がけていても、交通事故を避けられず、やむなく加害者となる場合もあります。その事故が原因で亡くなることも考えられます。こういったとき、保険をかけておけば残された家族の負担は軽減されます。
なお、任意保険の中には同乗者の怪我などの補償も行ってくれるものもあります。
事故によって療養で仕事を休まざるを得なくなったとしても、この補償があれば経済的な負担を軽減させることが可能です。
最近では人身傷害保険という保険もあり、運転時に限らず保険加入者とその家族が交通事故に巻き込まれた場合に実損額を補償してくれる保険もあります。
複数の保険に加入しておくことにより、家族の心配も減り、精神的負担も軽減されます。
以上のように、任意保険には様々なメリットがあります。いざというときの心配事が減れば、万が一の際の不安も解消されます。
合宿免許などで免許を取得したら、まずは保険への加入を検討することが大切です。