特殊

一般的な乗用車を運転するだけであれば必要ありませんが、大型免許や中型免許などを取得しておくことで、従事する職業の幅は広がります。
特に建築業や運送業などに従事したいのであれば、大型免許や中型免許は取得しているだけで有利に働きます。
このような免許は、自動車学校が行っている免許合宿などで取得することができます。これらの免許は取得までに長い時間がかかりますが、免許合宿に参加することでその時間を短縮することが可能です。そのため、まとまった時間が確保できるのであれば、自動車学校の行う免許合宿に参加するとよいでしょう。
ここでは、「大型免許」や「中型免許」、「特殊免許」の中から主だったものについて紹介していきます。

大型免許

大型車の基準は、2007年に中型車の区分ができた後に改正されています。
車両総重量が11トン以上で最大積載量が6.5トン以上、乗車定員が30人以上の大型の車に関しては、運転の際に大型免許が必要となります。大型トラックやバスなどがこれに該当します。
運転する車が大型になるに連れて運転の難易度は高くなり、また少しの接触であっても大きな事故になりかねないので注意が必要です。
安全確認や整備など、多くの規定が設けられています。
通常の免許を取得してから3年以上の運転歴があり、なおかつ21歳以上でなければ免許を取得することができません。また、視力などの身体的能力に関しても一般的な免許と比べて規定値が厳しくなっています。
さらに試験に関しても、より難しい課題が与えられるようになっています。
しかし、その分だけ待遇の良い仕事に就くことができます。
特に2007年に改正されてからは需要が増しており、持っているだけで様々な企業から引く手あまたです。
中でもバス会社は大型の二種免許を持っている人材を求めており、高待遇が期待できます。
ただし、この免許を取ろうと免許合宿に訪れる人も多いため、申込みなどは早い段階から行っておく必要があります。

中型免許

中型車の運転に特定の免許が必要になったのは、上記の通り2007年以降です。
それ以前は普通免許を所持している人であれば、4トンの自動車までは運転することができました。
しかし、法改正前の普通免許を持っている人も徐々に減りつつあるため、これから需要が高くなる免許だといわれています。
特に物流業界などで仕事に就きたい場合には、非常に有利といえます。また、マイクロバスも中型免許で運転することができ、学校関係などからも重宝されます。
なお、現段階においては大型免許を取ってしまった方が早いという考え方もあります。とはいえ、持っていて損になるということは決してありません。
通学の自動車学校を利用する場合や免許合宿を利用する際は、慎重に検討することが大切です。
大型免許と比較すると入校資格は緩く設定されており、2年以上の運転歴がある20歳以上であれば免許取得が可能です。
1年でも早く物流業界などで働きたいのであれば、中型免許がおすすめです。
普通自動車免許を持っていれば限定解除も可能となっており、費用や手間も抑えられます。
限定解除ができる自動車学校や免許合宿なども多くあるので、1度調べてみるとよいでしょう。

特殊免許

「大型特殊免許」や「小型特殊免許」、「けん引免許」、「フォークリフト免許」などいくつもの種類があるため、ここではまとめて「特殊免許」とします。
これらの特殊免許は、普段の生活で必要となる場面はほとんどありません。従って、ほとんどの人にとっては必要のない免許ともいえます。
とはいえ、持っておくと様々な場面で重宝される免許でもあります。
特に、土木業界では需要があります。
普通免許と同じ自動車学校では敷地が足りないため、特殊自動車学校などに通う必要があります。
もしも近くにないのであれば、免許合宿で取得するという選択肢があります。
特殊免許の場合、運転にも技術が必要ですが、それ以外の部分でも技術が必要です。
運転以外にも車によって様々な操作を行う必要があり、それらの教習も全て自動車学校で行われます。
通常の自動車免許とは違い、必要になる操作が多いため取得が難しい免許です。
しかしながら、これらの免許を持っていると従事できる職業の選択肢は広がります。
合宿免許は免許取得までの最短日数が短く設定されているため、早期で必要となった場合には合宿免許がおすすめです。
特殊自動車学校や免許合宿先などに問い合わせをし、そこで免許取得が可能か確認しておくことが重要です。

上述したように、自動車学校や免許合宿で取得できるこれらの免許は、様々な職業で役立ちます。
たとえばバス会社や運送業、建築・土木業、その他にも様々な職業から必要とされており、そのため高い人気を誇っています。
こうした専門性の高い免許を取得する際には教官の指導や講習の内容が一層重要となるので、入校は多くの教官と円滑にコミュニケーションを取っておくことも重要となります。