保険を安上がりにすませるコツ

● 合宿免許や一般的な自動車学校で免許を取得したあとは、自動車保険について考える必要があります。自動車学校では保険に関してはあまり教えないため、免許取得後にどのようにして保険に加入するかについて悩む人も少なくないといえます。なお、近年では“激安”の合宿免許などを利用して出費を抑える人も多くなっているため、保険料についても少しでも安価に、できれば激安で済ませたいと考える人も少なくありません。よってここでは、激安とまでは行かなくとも、自動車保険を可能な限り安価にするコツについてご紹介します

年齢条件

自動車保険に加入する際は、「年齢に関係なく担保あり」「21歳未満は担保なし」「26歳未満は担保なし」「30歳未満は担保なし」という4つの年齢条件から選びます。担保なしとは、「事故を起こしたとしても保障はありません」という意味です。若い人ほど事故を起こしやすい傾向があるため、保険料は高く設定されています。
少しでも安い保険料を希望する場合は、年齢条件の高いものを選びましょう。

免許証の色

自動車保険を安価に価格に抑えるためには、免許証の色も重要です。合宿免許や一般的な自動車学校に関わらず、免許を取得するとグリーンの免許証が与えられます。なお、免許取得から3年が経過すると、ブルーへと切り替わります。さらに5年が経過し、一定の条件を満たすとゴールドの免許証へと切り替わります。ゴールド免許は長期間に渡っての無事故無違反の証で、事故を起こす確率が低いために保険料は安価となります。合宿免許や一般的な自動車学校を経て免許を取得したら、ゴールド免許を目指しましょう。

走行距離

自動車の保険料は走行距離とも関係があり、走行距離が少ないほど事故が起こりづらいため、保険料を安く抑えられます。
年間の走行距離は、車内のメーターを見てその数字を所有年数で割ることで算出されます。保険会社に1年間の走行距離を申告する際、走行距離が少ないほど保険料が安価になります。

運転者を限定

保険加入の際、あらかじめ運転する人を決めておけば、保険料を安く抑えられます。家族間だけで車を運転する場合は、「家族限定特約」がおすすめです。
夫婦のみで運転する場合は「夫婦限定特約」を、自分だけ運転する場合は「本人限定」を選びましょう。

安全装置

車に安全装置が付いていると、事故が起きても大怪我を防げます。エアバックやABS、横滑り防止、衝突安全ボディなど、車に設置されている装備によって適した割引が受けられます。自分の所有する車にはどのような安全装置があるのか確認しましょう。

早期更新・インターネット契約

保険料は、早期更新やインターネットでの契約で安く抑えられます。早期更新とは、自動車保険の更新を指定された日の1ヶ月前までに行う更新を指します。
早期更新やインターネットで契約するなど、少しの工夫で保険料を安価にできます。

一括払い

保険料の支払い方法として、一括払いや分割払いがあります。なお、一括で支払うことによって保険料が安価になります。一括払いと分割払いを比較すると、合計で5%も支払額に違い生じる場合もあります。

このように、車に安全装置が付いている、インターネットで保険契約をする、年齢の高いプランを選ぶなど、様々なケースにより保険料を安く収めることが可能です。
以上が保険料を安く抑えるためのコツで、把握しておけば、保険料の支払い額を安価に抑えることができます。また、工夫しだいでは激安ともいえるほど月々の支払金額を抑えることが可能です。保険料の設定には、事故の起こりやすさが関係しています。年齢が若かったり、車に十分な安全装置が付いていなかったりすると、事故の起こる確率が高まるので保険料も高くなります。合宿免許やその他の自動車学校で免許を取得した後は、安全のためにも必ず自動車保険に加入しましょう。自動車保険の加入は、納車日までに行っておくことが大切です。また、合宿免許や自動車学校に通っている間に自動車保険についても調べておくことも重要です。そうすることで、合宿免許や自動車学校を経て免許を取得した後はすぐに安心して運転を始めることが可能となります。