タイヤの働き、重要性

タイヤは、自動車と道路との唯一の設置するところで、車体をしっかり支えることはもちろん、当たり前の走る、曲る、止まる、の基本的な働きをする重要なアイテムです。タイヤにはその働きを「4大機能」と呼ばれています。
その①「荷重指支持機能」 自動車の荷重を支える
車の車体重量、運転手や同乗者と荷物などをしっかり支える働き
その②「駆動・制動機能」 スムーズに走り、しっかり止まる
車が走行し、止まるには、エンジンからの駆動力やブレーキからの制動力を確実に道路に伝え事が肝心でタイヤは道路との摩擦によってその重要な働き
その③「進路保持機能」方向転換、走行維持
直進走行時の安定感やカーブでのバランスや車が運転手の思い通りに尚且つ安全に走行するための機能
その④「緩衝機能」乗り心地を快適にする
走行時に発生する路面との振動や衝撃を吸収、緩和し快適な乗り心地を保持する働き
といった“当たり前”のようなでも一番重要なアイテムです。
各メーカーからも、車の種類や用途やまたシーズンに合わせてのタイヤの性能でも区別されていて、ユーザーは自身のステータスに合わせたタイプのタイヤを選べる訳でそこに価格といった一般ユーザーが一番気になる選択肢が入ってくるわけです。ただ安くといった理由で選び先に述べた性能の部分を軽視してしまうと、大袈裟かもしれませんが事故につながる要因になったり、運転環境もかわりストレスも感じたりするかもしれません。言えば、“唯一道路と接地しているアイテム”で運転手や同乗者の命につながるものと言っても過言ではないと思います。そのことを踏まえてタイヤを選ぶ際は走行する環境や車に求める性能等、どの点を重視してタイヤを選ぶかでご自身の車に合う“ベストタイヤ”選ばれるのではないでしょうか。決して安い物ではないですし、交換時にはしっかりと見極めが必要だと思いますし、ネットなどで使用された方々の意見なども参考に出来ると思います。“皆さん楽しく、安全なカーライフを”。