車を運転する時間帯により必要になってくるものがライト類です、ただライトと言って一くくりに出来ず、トンネルを走行時また薄暗くなった時に点灯するヘッドライトはもちろんスモールランプやフォグランプといったものも車によっては搭載してあります。各ライトに役割や意外な使用方法もあるかもしれません。まずスモールランプは別名:車幅灯とよばれ文字通り停車中など車自身の存在を他に周知させるライトです。ここで、私も認識不足だったのですが、周りが暗くなり始めた時に点灯すると思いがちですが、正しくは同時にヘッドライトも点灯することが正しいということです。次に、フォグランプは別名:前部霧灯(ぜんぶむとう)、補助前照灯と呼ばれ名のまま、霧が出ている時に効果のあるライトです。霧が発生時発生している状態ではライトの光が乱反射し、ヘッドライトのだけでは周囲の車に自分の車が気づいてもらえにくくるだけでなく、自身も視界が見えにくくなるため下向きに点灯するライトで霧の影響を極力受けにくいライトです。最後にヘッドライトですがライトの設定には2種類あるのはみなさんご存知かと思います、1つはハイビームです走行ビームとも呼び前方、約100メートル先を照らす事ができる様に設定されていて、もう一つは約40メートル先を照らすロービームがあります。ヘッドライトの点灯については“道路交通法”にも定められ、むやみにライトの高さや色また数と細かくあるようで、車検などでも調整や確認された方もいると思います“ハイビーム”の使用時についてですが、ヘッドライトは対向車や前を走行する車がいない場合や見通しが悪い場所では“ハイビーム”を使いすれ違いや前を走る車がある場合は“ロービーム”と頻繁に2つのライトを使い分けるようにと定められています。また機能の部分で“オートライト”がありますこれは、周囲の明るさやトンネルなどの環境に合わせて自動でライトを点灯させる機能で運転時の操作を少なくし手伝う機能ですが、最近は昼夜問わず、ライトを点灯する車を見かけたことがあると思いますが、2輪のバイクや原付等は走行時には必ず点灯するよう義務化されており、操作自体も点灯アリの装備となっております。点灯することで、昼でも人・クルマ問わず周知するとありますので車も早めの点灯などすることは大切なことだと感じます、冒頭で述べた“時間帯により”ではなく、常に自分の位置を周知してもらうには、点灯が大事なことだと思います。バッテリーの持ちが悪くなるとか聞いたことがありますが、その理由や言い訳が事故を起こしてから言えるでしょうか。“皆さん楽しく、安全なカーライフを”。