二輪車を運転する際は車と違い、ケガをしやすいため特に安全装備に気をつけなければなりません。
この安全装備を怠ると場合によっては命を落とすことにもなりかねないので注意が必要です。
二輪の場合の安全装備は特に、価格よりも安全性で選ぶことをオススメいたします。
安く揃えたい気持ちも分かりますが、自分の命を守る物なのでそこはしっかり安全な物を選んでくださいね。

【ヘルメット】
①フルフェイスタイプ
 ヘルメットの中でも一番安全性の高いタイプで安心です。

(長所)
 安全性がもっとも高く、信頼できるタイプ。
 プロライダーのレプリカモデルがありデザイン性が良く、かっこいい。
 顔をすべて覆っているので運転中の風の影響を受けず安定している。
 冬は風の影響を受けず快適。
(短所)
 価格が高いものが多い
 視界が限られる
 重たい
 夏は暑く、ヘルメットを外さないと飲み物が飲みにくい。

②ジェットタイプ
 顎の部分が空いているのでフルフェイスよりも快適性に優れている。

(長所)
 開放的なデザインなので視界が良い
 ヘルメットを外さなくても飲み物が飲みやすい。
(短所)
 高速走行時には風の影響を受け不安定になる場合がある。
 冬はフルフェイスに比べとても寒い。

③ハーフタイプ
帽子のように気軽に装着できるタイプ。

(長所)
 ヘルメットの中でも一番安価で購入できる。
 気軽に装着でき、軽く、カジュアルである。
(短所)
 フルフェイスに比べ表に出ている部分も多く、安全性が劣る。
 125CC以下のバイクに限定されてしまう。

安全基準
 ヘルメット購入の際は必ず、安全規格を確認する事。
 安全基準を示すJIS(日本工業規格)やSGマークが無いと、公道で使用することが出来ず、装飾品の扱いとなります。
また、ヘルメット自体には寿命があり、期間はおおよそ3年となっています。
寿命はおおよそ3年ですが、一度事故等で衝撃を受けたヘルメットは耐久性が無くなっていますので、使用せず、必ず新しいヘルメットを着用してください。

ヘルメットのサイズ
 メーカーによって多少基準はありますがおおむね下記のサイズが一般的ですので参考にしてください。

XS→53~54cm S→55~56cm M→57~58cm L→59~60cm XL→61~62cm

購入する際は信頼できるバイクショップで購入することをオススメいたします。