寒い日が続きますが、朝は特に寒く感じますが出勤時車に乗りさぁ出発しようとしている時に車のフロントガラスが曇ってしまい、前が見えなくなる経験をしたかたは多いと思いますが、今回その曇りの取り方などを見ていきましょう。まずは、なぜ曇るのか?ですが車内の温かさと、外気の寒い温度の差で車内にある水蒸気(水分)を含む空気がフロントガラスに付着し曇りが生じるということです。曇りを取るにはいくつかあるのですがまずは、タオルなどで拭き取ることができます、ですがこれは停車していることが前提ですので、停車できない場合やましては走行中にはできない事なのは、言うまでもありません次は、もちろん走行中に出来る事ですが、「エアコン」かけてみましょう、近年の車には「エアコン」機能が付いていますので、上手にその機能を使いこなすことができれば曇りも簡単に取ることができます「エアコン」機能は湿度を下げる効果があるとされています。フロントガラスに付着した水蒸気を簡単に言えば飛ばすことができれば曇りは取れますので風をフロントガラスに当てるモードを選択すれば簡単に曇りは除去できます。ここで、エアコンと言えば冷風とイメージしがちですが、暖房でも効果はありますので問題ありませんすなわち「エアコン」の風は乾燥している風ということです。では、他の方法は無いでしょうか、エアコンを使わずに出来る事もあります。当初にお伝えしましたなぜ曇るのかと言うことから、車内と外気の温度差を無くすことができれば良いので、窓を開けてみましょう、普通に取り事が出来ます・・・。が、これには条件があり雨が降っていれば余計に車内に湿度を入れてしまう事になりますので一時的取れる感じはしますが窓を閉めると再度、発生してしまうのでご注意を。事前に曇りにくくするいわば対処方法ですが何があるのでしょう。それは、常に車内は清潔にし、窓もこまめに専用のクリーナで綺麗に保つことが大事だということです。外だけでなく、車内も綺麗にしときましょう “皆さん楽しく、安全なカーライフを”。