普段何気なく交換しているエンジンオイル、ガソリンスタンドやディーラーに寄った時などにチェックしてもらい「そろそろ、交換しときます?」と言われ、交換する方も少なくないと思います。そもそも、“エンジンオイル”の役目とは、またその交換時期などを調べてみました。まず、その役目ですがいくつかある様で
① 潤滑作用
エンジン内部のいくつもの金属の部品を滑らかに動かす働き
もし、エンジンオイルがエンジン内に無ければ金属部品同士の摩擦ですぐに壊れてします。
② 密封作用
エンジン内の気密を保ちながら、エンジンの爆発運動で生じた力を抜けないように防ぐ役割がある。これは、エンジンのパワーにつながるわけです。
③ 冷却作用
エンジン内はとても高温になるがその熱をオイルで吸収し必要以上に高温になる事を防ぐ役割がある
④ 洗浄作用
エンジン内部に付着する汚れや、金属カスなどを落して、エンジン内部を汚れから守りクリーンにたもちます。
といったように、一言で“エンジンオイル”と言ってもいくつもの役割があるということが分かり、使用すればするほどエンジンオイルは汚れたり劣化していくわけですね。では交換時期はどのくらいなのでしょうか、一般的には交換の目安は走行3,000kmから5,000km又は、期間では3ヶ月から6か月後と言われ走行距離だけではなく、期間でもあるということです。上記で述べた役割を再確認すると納得も行きます。日頃車の外観はマメに洗車などで綺麗にしていても、内部は汚れているかもしれません。交換はどうしても、ガソリンスタンドやディーラーにお願いすることになりますがある程度の知識を持っておれば、交換時期など把握できご自身から交換をお願いしたり、逆に交換を進められても余計な交換をせず出費を抑えることも出来ます。大事な好きな車ですから大切にしていきたいですね。あと、ここでは書きませんでしたが、適性のオイルの粘度などもありますので期会があれば、調べてみたいと思います。“皆さん楽しく、安全なカーライフを”。