愛媛県のドライブポイントのご紹介の5回目ですが、今回は「松山城」をご紹介いたします。
この「松山城」は愛媛県松山市の中心、標高132mの城山山頂にある城で、創設者は加藤嘉明である。
平成18年には「日本100名城」、翌年の平成19年は道後温泉とともに「美しい日本の歴史的風土100選」にも選ばれ、その他「日本さくら名所100選」、「日本の歴史公園100選」にも選ばれていることもあり、各地から大勢の方々が日々観光に来られています。
広大な敷地にあり、「東雲口」から山頂駅「長者ヶ平」まではロープウエイとリフトで登ることが出来ます。
天守入口までは徒歩約10分くらいとなっており、天守内の見学までを含むとおおよそ90分ほどの時間は必要である。
平成16年10月から平成18年11月までの期間天守の保全するための大改修が行われ、その際に新調された「しゃちほこ」の北側、南側の名前を公募しました。
北側の口を閉じているしゃちほこを「まつ姫」、南側の玉をくわえているしゃちほこを「天丸」と命名され天守から松山市街を見守っている。
この「松山城」は江戸時代以前に建造された「現存12天守」の歴史的文化遺産の一つとして大変貴重な城であり、三重三階地下一階の層塔型天守で江戸時代最後の完全な城郭建築となっています。
夜の松山城も絶景で松山市内を一望できる夜景スポットでも人気が高い。
天守からの夜景は夜間特別営業日に観覧することができますのでぜひチェックしてください。
松山城のかわいいキャラクター「よしあきくん」をごぞんじでしょうか?
松山城築城400年祭で誕生したキャラクターで松山城の創設者加藤嘉明にちなんで名付けられました。松山城の積極的なPRに日々活躍しているので、どこかで会えるかもしれませんよ。
松山城周辺には以前ご紹介した「坂の上の雲ミュージアム」や「道後温泉」もあり見所がたくさんありますので充実した観光スポットになっています。

【ロープウェイ料金】※大人料金
往復乗車料金510円
片道乗車料金270円
松山城天守観覧券510円
総合券(観覧券+往復券)1,020円