今回のドライブのおすすめエリアは四国の香川県です。
香川県は自然豊な瀬戸内海に面した四国の北東に位置する県です。
香川県は日本の47都道府県の中でもっとも小さな県で最近では「うどん県」としても有名な県である。
気候的にも晴天の日が多く、雨が少なく、長い歴史の中でも大きな自然災害が少なくとても住みやすい地域です。とてもコンパクトで気候も良い県ということですね。
有名なうどんについては2011年(平成23年)10月に香川県観光協会の特設サイトによって香川県を「うどん県」に改名するという架空設定の動画サイトを配信したことによってさらに有名になりました。
一時はサーバーがダウンするほど話題になりました。
香川県のうどんのルーツについては空海が中国より持ち帰ったのが始まりとの説があります。
以降、香川県の土地でうどんが盛んに作られたのには訳があり、この晴天の多い気候が多く関係していると言われています。
古くから塩の産地であり上質な小麦といりこが生産され醤油の生産地でも有名だったことでも条件が整い、さらに雨量の少ない気候であったため米が安定的に作れず、その代用食であったうどんを作ることで、技術が向上し、今の現代に生かされていると思われます。
このうどんの生産と消費は今の現代にも引き続き、家庭食でも外食でもうどんの消費量は国内日本一の量を誇り、2位の埼玉県との差を圧倒的に引き離すほどの量となっています。
香川県民への調査によるとうどんを週に1回以上食べる人の割合が90.5%であるほど身近な食べ物であることがわかります。
また、香川県では大晦日は年越し蕎麦よりも年越しうどんを食べる人の割合が多いほどです。
有名な香川県の行事として7月2日は「さぬきうどんの日」として制定されており、讃岐うどん共同組合が主催した数々のイベントで県内各地が盛り上がるほど「うどん県」である。
香川県にはこの「うどん」については語り尽くせないほどのネタがありそうなので引き続き「うどん」についてのネタを紹介していこうとかんがえています。
合宿免許の参加を希望される方は「かがわ自動車学校」がオススメですよ。
近くにはうどん屋さんもあるのでお店の食べ歩きも楽しそうですよ。
免許をすでに取得されている方は、この「うどん」の知識を頭に叩き込んだうえでドライブに行くととっても充実したドライブになると思います。