車を購入時はもとより、車の免許を取るときにも選択する事のあるAT車、MT車の違いとはなんなのでしょう、ATとは、“オートマチック トランスミッション”の略で日本語では、自動変速機といわれ車やバイクの速度やエンジンの回転数に応じてギヤ等の変速比を自動で切り換える変速機(システム)の事をいい、MTはそれを運転手がクラッチペダルなどを操作するものをいいます。最近でAT車は女性の方や年配の方が運転する期会も多いこともあり操作がしやすいと販売する車メーカーでも主流となっています。免許取得時もこの選択がありAT限定免許(AT車に限り運転できる)ものと、AT車とMT車双方運転できるMT免許とあります。操作がしやすいと言いましたが、AT車とMT車の大きな違いは、MT車にはクラッチ操作がひつようです、坂道や渋滞時この操作がつらく、AT車に乗換される方も多いと聞きます、免許を取るときも違いがありMT車を希望される方はAT車を希望される方より教習時間が多くあり、教習料金も多くかかります。一昔前までは、MT車が主流でしたが、操作性や市場の殆どを占めるようになったAT車の方が今は、一般的と言うべきなのでしょうか、取得される方も一昔はAT:MT=3.6:6.4だったものが、最近では5.6:4.4と逆転する事になります。就職して外回りの営業車なども殆どがAT車となり、また自宅の車もAT車であればおのずとAT車になるのでしょう、MTを希望される方は、自身が乗りたい車がMT車である又は、いずれ大きな車を(大型車)などの取得を考えている方はMTを選ぶわけです、しかし初めにAT車を取得している方でもMT車を運転できるよう数時間教習所に通い検定に合格できれば技能の授業だけで免許の書き換えができMT車でも運転できますので、取急ぎの方はATの免許を選ぶのでしょう、皆さんもご自身の必要性に応じて取得時は考えましょう。“皆さん楽しく、安全なカーライフを”。