車を購入時に、考えることはまず車種、予算、車の色(順不同)と新車、中古車問わず考えるところだと思いますが、ここでは車の色についてどんなメリットやデメリットがあるのか考えてみました。まず、車の色といっても車種によりいくつもの色があり同色で合っても濃淡などが異なり、名称もいろいろあり各メーカーやその車種のイメージ又は、年代によって人気色というものもあり迷うのは、いたしかたないのでしょう。ボディー色ごとの特徴を見ていくと、つぎの事がよくいわれます。
・黒系・・・高級感や重量感がある。こまめに洗車をしないと他のカラーの車と比べても、汚れが目立ちやすい、濃い色は太陽の熱を吸収しやすく野外炎天下の駐車時は触ると熱く、車内も少なからず影響を感じる。
・白系・・・清潔感もあり、流行色に左右されない言わば1番の無難な色といえる。水垢や汚れは、黒色と同様目立ちやすく洗車などのメンテは頻繁に必要。日本のみならず、世界でも人気の色といえる。
・シルバー系・・・汚れが目立ちにくい色、洗車やメンテをせずとも、汚れが目立ちにくい色で、飽きない色。営業車や年配層に好まれる。白系と並ぶ人気色。
・赤、青等の原色系・・・流行色やメーカーやその車種のイメージカラーで個性を感じる事ができる、反面好き嫌いもある。
上記に上げた、内容はあくまで色の特徴や傾向なので購入は好きな色を選択してください。
車を購入することは、そう頻繁に出来ることでもないので購入時に妥協し飽きたからすぐ買い替えるということもできませんので、十分に吟味したいところです。後は、車を売るときの下取り価格にも影響する事もあると聞いたこともありますのでそこも考えないと・・・。いろいろ悩むところでもありますが、これも乗りたい車を探し購入するときの楽しみの一つになるのでしょう。“皆さん楽しく、安全なカーライフを”。